バンコクの大型アパートメントマンション

グランデセンターポイントターミナル21の写真14

こんにちは皆さん!
新しい一週間がやってきました。
SUK Livingの石田都士磨です。
今日もスクンビット沿いのデモが賑やかです!!

ここ数日、ご家族と一緒にお部屋に住まう予定のお客さんにお勧めする物件を紹介する為に間取りの大きいお部屋を探しているのですが、
以前にもブログで書いたことがありますが間取りの大きいお部屋ってサービスアパート物件では少ないんですよね。
あるにはありますが、人気があって空くことが殆ど無かったり、取り扱っているお部屋の数が少なかったりと、とにかく見つけるのが難しいです。
そこで最近は、お部屋のルームサービスへの拘りを少し緩め、サービスが付かないアパートメントマンションはどうかと思い、数件調べておりました。

すると、出てくる出てくる、大きな間取りで安価なアパート。
ご家族連れのお客様のみを対象とし、3ベッドルームや4ベッドルームしか扱っていないアパート物件も少なくありません。
一般的に言って、ご単身でバンコクに駐在出張をされる人の方が多いのではないかと思います。ご家族皆が海外へ渡ってくる為の労力であったり、その為に必要な会社からのサポートなどを考慮して、ご単身の方より多くはないのではないかと思います。

なので日本人や駐在外国人に人気のあるサービスアパートは、ご単身のお客さんを対象に運営をしていて然るべきなんですね。
ご家族向けの大型アパートがそこかしこにあるのを知ってから、改めて考えてみてわかったことですが、考えてみれば当然のこと。
物件の数にしたって、サービスアパートよりもアパートメントマンションの方が圧倒的に多いです。

広さと値段のバランスも、凄いです。
200平米、300平米越えのアパートなんてそう珍しくもありません。
プロンポン・トンロー地区でその中でも低価格なアパートを探してみると、一ヶ月で50,000バーツ、60,000バーツなんて所も決して少なくない。
それで3ベッドルーム、4ベッドルームだと言うのですから、ご家族連れのお客さんにとっては大変にありがたいコストバランスじゃないでしょうか。
ただ、如何せん数が多いので迷われてしまう方も多いのではないかと思います。
また、管理会社が入っていないアパート物件や、入っていても管理がずさんな会社がマネージをしている物件もまた、珍しくありません。
息を飲むようなお部屋の広さと間取り、そこからは考えられないような低価格にのみ目を奪われてしまうと、場合によっては客を客とも思わないようなひどいアパートにご入居されてしまう羽目にもなりかねません><

メイドサービスもそうですが、それ以上に、お部屋の万が一のトラブルの際に迅速に対応をしてくれる管理会社、これが付いているかどうかが、ご家族との快適なバンコク生活の鍵となります。

ご予算の限られている方でご家族連れのご入居を考えられている方には、アパート物件がお勧めですが、選ばれる際には注意が必要です。
いつでもご相談下さい。広くて快適なお部屋をご提案したいと思います。

それでは今日はこの辺で!
また明日^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA