▲Topへ戻る

バンコクの賃貸物件の特徴その1

バンコク生活を始めるにあたって、
お部屋探しのコツや先に知っておくべき
バンコク賃貸物件のポイントをご紹介します。

1

間取り・広さは日本より広い?

タイの賃貸物件には3種類あり、1人のオーナーが建物全体を所有している「アパート」、同じ建物でも各部屋でオーナーが違う「コンドミニアム」と、ホテルのようにシーツとタオルの交換、ベッドメイキングなどのメイドサービスが付いている「サービスアパート」と呼ばれる物件の3種類があります。

広さは単身向けやファミリー向けまで豊富にありますが30平米~250平米辺りが最近の広さで、1990年代頃の物件でしたらもっと広い物件もありましたが、近年は小さめの物件が増えてきています。

広い物件を選ぶことは可能ですが機能重視のつくりではなく、ただ広いというような部屋もありますし、特にバンコクは年中気温が高いので日本とは逆の日光があまり入らない北向きのお部屋の物件を好まれる方が多いのが傾向です。広く南向きなどとなりますと直射日光でお部屋がかなり暑くなりエアコンをフル稼働させる事となりエアコン代がかさむというケースもございますのでお選びいただくときは、窓やお部屋の方向なども注意することもポイントになります。

2

プールやフィットネス、サウナなどの施設が充実している

ほとんどの物件にフィットネスルームやプールなどが付いていますが、中にはサウナ、子供の遊び場、テニスコート、ゴルフ練習場、図書室、大浴場などが完備されている物件もあります。広いプールの物件でしたら、スイミングの先生を呼びレッスンをしたりすることもできます。フィットネスにも多目的スペースなどがよくありますので、そこを利用してヨガやピラティスの出張レッスンなどを受けることもできます。

これらの施設を重視して物件を選ぶポイントとする方も少なくないと思いますので、物件を内覧する際はフィットネスの利用時間やマシーンの数や種類、お子様のいるご家庭でしたらお子様用プールの有無、もしくはプールの深さなどをご確認していただくといいと思います。

3

家具や電化製品が完備

日本の物件は自らすべて使用する家具や電化製品を揃え設置しなければなりませんが、バンコクの賃貸物件は一通り生活に必要な家具や電化製品は備え付けてあるのが一般的です。

主にテーブル、ソファ、ベッド、食器棚、テレビボード、カーテンなどの家具類、電化製品はエアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、電気(ガス)コンロなどが最初から備え付けてありますので、あとは細かなものを揃えていただき生活していく中で必要になったものをバンコクで買い足していただいた方がよいと思います。日本のお引越しよりも身軽で気楽なのは魅力的ですよね。

一方で物件により、設置されているものが違ってきますので、詳細はご確認していただき、特に設置済みのものでもしっかり稼働するか、家具は傷んでないかどうかなどの確認も必要です。

4

不具合があり、完璧な物件はなかなかない

日本に住んでいて今まで当たり前だった事がバンコクでは当たり前ではなく、いろいろな不具合が起きることも多々あります。

よくあるケースで水回りのトラブルが多いですが、自分の部屋の天井からの水漏れや、下の階のお部屋への水漏れ、エアコンの水漏れなど様々なケースがあります。雨季でスコールなど強い雨での雨漏りや、そのほか下水関係の匂いが問題になる場合や、インターネットの接続不具合、エアコンの故障など、バンコクでは物件の築年数や物件の種類や賃料高低に関係なく、それらの不具合が普通に起きてしまうのが現状です。

日本でしたら欠陥物件だと言いたくなりますし、とてもストレスに思いますが、ここはバンコクなのでまずは焦らず管理事務所に報告し改善してもらいましょう。

5

泥棒に注意

セキュリティについては、バンコクでは守衛が24時間体制の交代で警備しているところが多いですが、物件によっては24時間体制ではない場合や、警備の厳しさや真剣さはその物件よって様々です。そのほか防犯カメラが設置されているか確かめましょう。

あとは居住者以外の侵入を防ぐためのキーカードシステムや、玄関のカギを二重ロックできるような物件を選ぶことも重要になります。しかし、建物の外からの侵入者だけをガードしておけばいいかと思い